東京十社

まちに暮らす

だらだら祭りと神前挙式で有名な関東のお伊勢様「芝大神宮」

東京十社の1つにも数えられ、芝神明と呼ばれ、関東の伊勢信仰の中心的役割を果たしており、関東のお伊勢様とも呼ばれていました。 現在では1日1組限定の「篝火挙式」が有名で、縁結びにご利益があると言われ女性に人気が非常に高いパワースポットとして知られています。
へやに暮らす

蔵前-2LDK-カチクラエリアのフルリノベーションの物件

人気の高いカチクラエリア。下町文化と最新アートが共存し、近年はお洒落なカフェや美味しいレストランも増えており、とても暮らしやすいエリアです。 「レジデンスミヤタ」|南向きバルコニーの居室は フルリノベーションされ、新築同様の高品質な設備の賃貸マンションです。
へやに暮らす

外神田-2LDK-神田明神の眺望。電気街の喧騒を抜けた築浅マンション

電気街の喧騒を抜けた閑静な住宅街の高品質2LDK。神田明神男坂を下ってすぐの物件です。秋葉原、御茶ノ水、末広町等利用駅多数あり、公共交通の利便性は非常に高い立地です。また大型ディスカウントストアや業務スーパー等も近隣にあり、日々の買物にも不便はしません。
まちに暮らす

歯の神様としても知られるあじさいが咲き誇る境内「白山神社」

東京十社の1つにも数えられ、旧称白山権現と呼ばれ、周辺の白山と言う地名の由来でもあります。 6月に行われる文京あじさいまつりは境内や隣接する白山公園には約3,000株のあじさいが咲き誇っています。6月中旬に行われる文京あじさいまつりは、文京花の五大まつりの1つに名を連ねており、境内の至るところにあじさいが見られます。
まちに暮らす

東海道の玄関口。品川宿の鎮守「品川神社」

東京十社の1つにも数えられ、江戸時代には東海道の旅の最初の宿場、”品川宿”を鎮守していました。 また、品川は当時富士塚が多くあり、富士信仰が盛んだった様です。品川神社にも境内に浅間神社があり、明治期には立派な富士塚が作られました。
へやに暮らす

外神田-1LDK-神田明神下の静かな環境。電気街もすぐ近くでお食事、買物に便利な新築マンション

スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 神田明神下から一本入った閑静な住宅街
まちに暮らす

下町町人のべらんめえな「江戸言葉」

江戸言葉と山の手言葉 出典:大江戸データベース 下町町人と上級武士 階級社会だった江戸時代の首都では武士と町人では住む場所も使う言葉も違ったようです。 いわゆるべらんめえ調、伝法な口調は武家では用いられていませんでした。 ...
まちに暮らす

散策の時に恥ずかしくない正しい参拝方法

神社の参拝方法 散策のご挨拶 街歩きや散策を楽しむ時、まずその土地の神様にご挨拶をしてから、町を回る事でより気持ちよく、さわやかな気分で散策を楽しめます。 そのとき正しい作法で参拝出来ればより良い街歩きの御利益があるかもし...
まちに暮らす

深川の総氏神。東京八幡信仰の中心「富岡八幡宮」

東京十社「富岡八幡宮」
まちに暮らす

紀州熊野三社より王子大神を迎えた「王子神社」

東京十社「王子神社」
まちに暮らす

日本武尊が東征時、須佐之男命を勧請したとされる「氷川神社」

東京十社「氷川神社」
まちに暮らす

猿は縁。安産、縁結びの御利益ある神猿像の山王様「日枝神社」

東京十社「日枝神社」
まちに暮らす

つつじが咲き誇る文京の由緒ある権現様「根津神社」

東京十社「根津神社」
まちに暮らす

下町の中心、日本橋界隈の総氏神様「神田神社」

東京十社「神田明神」
スポンサーリンク