散策

まちに暮らす

だらだら祭りと神前挙式で有名な関東のお伊勢様「芝大神宮」

東京十社の1つにも数えられ、芝神明と呼ばれ、関東の伊勢信仰の中心的役割を果たしており、関東のお伊勢様とも呼ばれていました。 現在では1日1組限定の「篝火挙式」が有名で、縁結びにご利益があると言われ女性に人気が非常に高いパワースポットとして知られています。
まちに暮らす

歯の神様としても知られるあじさいが咲き誇る境内「白山神社」

東京十社の1つにも数えられ、旧称白山権現と呼ばれ、周辺の白山と言う地名の由来でもあります。 6月に行われる文京あじさいまつりは境内や隣接する白山公園には約3,000株のあじさいが咲き誇っています。6月中旬に行われる文京あじさいまつりは、文京花の五大まつりの1つに名を連ねており、境内の至るところにあじさいが見られます。
まちに暮らす

都内唯一の潮入の池のある将軍家の別邸「浜離宮恩賜庭園」

東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。江戸時代に庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、ボタン園などを有する。もとは甲府藩の下屋敷の庭園であったが、将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました