まちに暮らす

未分類

東京十社

東京十社とは 明治元年に12社を准勅祭社としたものを基に昭和50年に昭和天皇即位50年を祝い「東京十社巡り」が企画されたました。神田神社、亀戸天神社、富岡八幡宮、芝大神宮、品川神社、赤坂氷川神社、日枝神社、白山神社、王子神社 根津神社
まちに暮らす

だらだら祭りと神前挙式で有名な関東のお伊勢様「芝大神宮」

東京十社の1つにも数えられ、芝神明と呼ばれ、関東の伊勢信仰の中心的役割を果たしており、関東のお伊勢様とも呼ばれていました。 現在では1日1組限定の「篝火挙式」が有名で、縁結びにご利益があると言われ女性に人気が非常に高いパワースポットとして知られています。
まちに暮らす

「下町七夕まつり」上野・浅草をつなぐ合羽橋通り、夏の風物詩

都立9庭園の1つ、旧古河庭園は明治期に古河家の所有となりました。その後三代目古河虎之助が現在の建物を建築しました。洋館と西洋庭園の設計者は、明治から大正にかけて日本に住んだ英国人ジョサイア・コンドル(1852~1920年)です。
まちに暮らす

歯の神様としても知られるあじさいが咲き誇る境内「白山神社」

東京十社の1つにも数えられ、旧称白山権現と呼ばれ、周辺の白山と言う地名の由来でもあります。 6月に行われる文京あじさいまつりは境内や隣接する白山公園には約3,000株のあじさいが咲き誇っています。6月中旬に行われる文京あじさいまつりは、文京花の五大まつりの1つに名を連ねており、境内の至るところにあじさいが見られます。
まちに暮らす

東海道の玄関口。品川宿の鎮守「品川神社」

東京十社の1つにも数えられ、江戸時代には東海道の旅の最初の宿場、”品川宿”を鎮守していました。 また、品川は当時富士塚が多くあり、富士信仰が盛んだった様です。品川神社にも境内に浅間神社があり、明治期には立派な富士塚が作られました。
まちに暮らす

都内唯一の潮入の池のある将軍家の別邸「浜離宮恩賜庭園」

東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。江戸時代に庭園として造成された。園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、ボタン園などを有する。もとは甲府藩の下屋敷の庭園であったが、将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て、東京都に下賜され都立公園として開園。
まちに暮らす

重要文化財に指定された120年前の財閥邸宅「旧岩崎邸庭園」

都立9庭園の1つに数えられる旧岩崎邸庭園は江戸時代、越後高田藩榊原家の中屋敷でしたが、明治11年に三菱財閥・岩崎弥太郎氏が購入し3代目岩崎久弥によって建てられました。洋館、大広間、撞球室の3棟ならびに宅地が「旧岩崎家住宅」として国の重要文化財に指定されている。。
まちに暮らす

下町町人のべらんめえな「江戸言葉」

江戸言葉と山の手言葉 出典:大江戸データベース 下町町人と上級武士 階級社会だった江戸時代の首都では武士と町人では住む場所も使う言葉も違ったようです。 いわゆるべらんめえ調、伝法な口調は武家では用いられていませんでした。 ...
まちに暮らす

西洋庭園と日本庭園が調和した「旧古河庭園」

都立9庭園の1つ、旧古河庭園は明治期に古河家の所有となりました。その後三代目古河虎之助が現在の建物を建築しました。洋館と西洋庭園の設計者は、明治から大正にかけて日本に住んだ英国人ジョサイア・コンドル(1852~1920年)です。
まちに暮らす

散策の時に恥ずかしくない正しい参拝方法

神社の参拝方法 散策のご挨拶 街歩きや散策を楽しむ時、まずその土地の神様にご挨拶をしてから、町を回る事でより気持ちよく、さわやかな気分で散策を楽しめます。 そのとき正しい作法で参拝出来ればより良い街歩きの御利益があるかもし...
まちに暮らす

深川の総氏神。東京八幡信仰の中心「富岡八幡宮」

東京十社「富岡八幡宮」
まちに暮らす

紀州熊野三社より王子大神を迎えた「王子神社」

東京十社「王子神社」
まちに暮らす

日本武尊が東征時、須佐之男命を勧請したとされる「氷川神社」

東京十社「氷川神社」
まちに暮らす

猿は縁。安産、縁結びの御利益ある神猿像の山王様「日枝神社」

東京十社「日枝神社」
スポンサーリンク