2016-05-31

まちに暮らす

重要文化財に指定された120年前の財閥邸宅「旧岩崎邸庭園」

都立9庭園の1つに数えられる旧岩崎邸庭園は江戸時代、越後高田藩榊原家の中屋敷でしたが、明治11年に三菱財閥・岩崎弥太郎氏が購入し3代目岩崎久弥によって建てられました。洋館、大広間、撞球室の3棟ならびに宅地が「旧岩崎家住宅」として国の重要文化財に指定されている。。
スポンサーリンク