「下町七夕まつり」上野・浅草をつなぐ合羽橋通り、夏の風物詩

スポンサーリンク



下町浅草で30回を数える、上野浅草をつなぐ合羽橋通りの「下町七夕まつり」

下町七夕まつりからスカイツリーを望む

平成29年の「下町七夕まつり」は7/6~10まで行われました。特に8日(土)9日(日)は合羽橋通りが歩行者専用になり、パレードやパフォーマンスが行われ、大勢の観光客や近隣の住人が足を運んでいました。

下町七夕まつりとは

 浅草六区の西から道具街を横切り、上野にかけて約1.2km続く「かっぱ橋本通り」にて毎年催される、下町七夕まつり実行委員会主催のお祭りです。

たくさんの七夕飾り、地元商店の出店、そして音楽や踊り、様々なパフォーマーが集まり、この長い通り全体が手作り感のある活気で満たされ、商店街が一年で最高の賑わいをみせる晴れの舞台です

 土曜日と日曜日には商店街は歩行者専用となり、模擬店が並んで縁日の雰囲気になります。
パレードやパフォーマンス、伝統工芸の出店などもあり、昔ながらのふるさとの祭りの雰囲気を味わいながら、飽きることなく散策できることでしょう。

出典:下町七夕まつり実行委員会

俯瞰で見るとすごい賑わいです。
下町七夕まつりの様子

国際通りを渡り、合羽橋通りに入るところから下町七夕まつりが始まります!

パレードが行き、獅子舞が雰囲気も私の気持ちも盛り上げてくれました。かっこいい!
獅子舞がかっこいいパレードの様子

通り各所で、「阿波踊り」や「佐渡おけさ」の流し踊りが行われております。
一糸乱れぬ動きで感動しました。

神楽坂や高円寺でも流し踊りは毎年行われていますが、下町、浅草でも体験できるのは助かります。

スポンサーリンク



短冊には自由に書いて飾れるらしいです

子供たちが書いたであろうかわいらしいお願いが多い中、流行っているのか何カ所かにぶら下がっていました。


浅草側から歩いていたのですが、ふと振り向くとスカイツリーが!

このエリアの詳しい情報はコチラまで

いつもの合羽橋

合羽橋通り周辺には普段も美味しい料理店、プロの道具屋等楽しめる要素が満載です

 

浅草今半

1895年創業の歴史あるすき焼き割烹

浅草今半 | 創業明治28年、牛肉佃煮の元祖、浅草今半は極上の黒毛和牛すき焼・しゃぶしゃぶ、日本料理専門店です。

 

どぜう飯田屋

明治創業のドジョウ料理専門店

ぐるなび – どぜう飯田屋 (浅草/どじょう)
どぜう飯田屋(浅草/どじょう)の店舗情報をご紹介。ぐるなびなら店舗の詳細なメニューの情報や地図・口コミなど、「どぜう飯田屋」の情報が満載です。磨き込まれた藤敷に胡座をかいて、「どぜう鍋」一刻文豪気分です。

合羽橋道具街

飲食店やサービス業に必要なプロユースの道具が揃う道具街

料理道具・食器・厨房設備・製菓用品・陶器・漆器・包装用品・ショーケース・家具・サンプル・白衣・業務用食材 – 満足道具のあふれる街 『 かっぱ橋道具街 』

Churrascaria Que bom

合羽橋通りから少しずれますが、本格的なシュラスコが食べれるお店。もちろんカイピリーニャも飲めるし、フェジョアーダも食べれます!

このエリアの詳しい情報はコチラまで

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です