歯の神様としても知られるあじさいが咲き誇る境内「白山神社」

スポンサーリンク



東京十社「白山神社」


狛犬とあじさい
東京十社の1つにも数えられ、旧称白山権現と呼ばれ、周辺の白山と言う地名の由来でもあります。
6月に行われる文京あじさいまつりは境内や隣接する白山公園には約3,000株のあじさいが咲き誇っています。

天暦2年(948年)、加賀国の白山比咩神社から勧請を受けて、武蔵国豊島郡本郷元町(現在の本郷1丁目)に創建された。元和年間(1615年-1624年)に将軍徳川秀忠の命で巣鴨原(現 小石川植物園内)に移ったが、明暦元年(1655年)、その地に館林藩主徳川綱吉(後の5代将軍)の屋敷が作られることになったため、現在地に遷座した。その縁で綱吉とその母桂昌院の崇敬を受け、以降、徳川将軍家から信仰された。明治初期には准勅祭社に指定された。

出典:wikipedia

文京あじさいまつり

6月中旬に行われる文京あじさいまつりは、文京花の五大まつりの1つに名を連ねており、境内の至るところにあじさいが見られます。
白山神社のあじさい
白山神社のあじさい

狛犬とあじさい

本殿の脇の狛犬の周りには珍しい種類の綺麗なあじさいがかざられています。
狛犬とあじさい
めずらしい種のあじさい

参道のにぎわい

表参道は出店も出ており、大変な賑わいをみせていました。
表参道のにぎわい
あじさいまつり
南参道もあじさいが咲き誇っています。
南参道のあじさい
南参道の階段

手水舎のあじさい
手水舎のあじさい
手水舎のあじさい
あじさいまつりコンサートはジャズ演奏のビッグバンドや近隣の大学などの演奏やダンスが披露されていました。
あじさいまつりコンサート

スポンサーリンク



白山の富士塚

富士信仰は江戸時代にはかなりメジャーな信仰でした。白山神社本殿裏手には白山の富士塚の跡地があります。
あじさい祭りの時期だけ門が開かれ中に入れます。
白山の富士塚跡
出典:http://blog.livedoor.jp/haute_contre/
富士塚出口

歯ブラシ供養

江戸時代より歯の御利益があるとされた白山様。特に虫歯の痛みに御利益があるそうです。
これは修験者の一人が荒行に耐え、歯痛止めの業を成し遂げたらしいです。
歯ブラシ供養

 
江戸名所図会に次のような記述があります。
 『当社は元和三年の勸誘なりといへり。当社旧白山御殿の地にありて、氷川明神女体宮と共に並びてありしかども、彼地に御殿営作せられし頃、今の地へ遷座なし奉るとなり。【神社畧記】に云ふ。此神旧白山御殿の地に鎮座ありて、其原始尤久し、神木に船繋松とて無比の大樹ありしと云ふ。氷川社は今薬園の西にあり。其條下に詳なり、女体宮も今伝通院の内にある所の弁才天是なり。祭礼は九月ニ十一日なり。釣樟(くろもじ)の歯木と紙にて製する所の弓箭を以て、此地の土産とせり。』

出典:https://www.jda.or.jp

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です