重要文化財に指定された120年前の財閥邸宅「旧岩崎邸庭園」

スポンサーリンク



都立9庭園「旧岩崎邸庭園」


旧岩崎邸庭園の外観
都立9庭園の1つに数えられる旧岩崎邸庭園は江戸時代、越後高田藩榊原家の中屋敷でしたが、明治11年に三菱財閥・岩崎弥太郎氏が購入し3代目岩崎久弥によって建てられました。

洋館、大広間、撞球室の3棟ならびに宅地が「旧岩崎家住宅」として国の重要文化財に指定されている。また、洋館北面袖壁、煉瓦塀、実測図1枚が重要文化財の附(つけたり)として指定されている。このうち洋館と撞球室は1961年の指定で、1969年に大広間と洋館北面袖壁が、1999年に宅地、煉瓦塀、実測図が、それぞれ追加指定されている。
土地建物の所有者は国(文部科学省)であるが、管理は東京都によって行われている。文化財保護法第32条の2の規定に基づき、東京都が重要文化財の管理団体に指定されている。

出典:wikipedia

ジョサイア・コンドル設計の洋館

新政府に雇われ、新政府関連の建造物を多数手がけたジョサイア・コンドル。
その後も日本に滞在し、三菱関連の建造物を始め、日本で数多くの建造物の設計をしました。

洋館南側の洋風庭園は、テラスが階段状に連なるイタリア式庭園と、平面的で幾何学1896年(明治29年)に竣工し、岩崎家の迎賓館として用いられた西洋館である。木造2階建、屋根はスレート葺き、外壁は下見板張りとする。お雇い外国人として来日し、独立後は三菱・岩崎家の仕事を数多く手がけたジョサイア・コンドルの設計である。
北面を正面とし、正面玄関部分は平面四角形の塔屋となっている。反対側の南面は1階、2階とも列柱のある大きなベランダを設ける。晩年の作品に比べると装飾性が強く、内外装とも全体のスタイルや装飾は英国17世紀のジャコビアン様式を基調としつつ、南面のベランダにはコンドルが得意としたコロニアル様式がよく表れている。一方、客室の天井装飾、床のタイル、暖炉などの細部にはイスラム風のデザインを施すなど様々な様式を織り交ぜている。岩崎久弥の留学先であったペンシルベニアのカントリー・ハウスのイメージも取り込まれている。なお、東側のサンルームは後年(1910年頃)の増築である。内部は階段ホールを中心に、1階には岩崎久弥が用いた書斎、客室、大食堂などがあり、2階には内向きの客室や集会室などがある。建設当時は多くの部屋や廊下の壁面に金唐革紙が貼られていたが、現在当時の壁紙は失われている。平成の修復に際して、2階の2部屋だけ金唐革紙が復元されている

出典:wikipedia
趣のある外観
庭園側からの旧岩崎邸洋館
洋館室内部
旧岩崎邸洋館内部
旧岩崎邸洋館内部
旧岩崎邸洋館内部
旧岩崎邸洋館内部
出典:街画ガイド

スポンサーリンク



書院造を基調とした和館

洋館と同時期に竣工した和風建築。現在では住時550坪にも及んだ大邸宅も、重要文化財に指定された大広間をはじめとして、次の間、三の間、茶室、渡り廊下を除き取り壊されています。
和館は日常生活、洋館は迎賓館として利用されていました。
旧岩崎邸の和館
旧岩崎邸の和館
現在和館内にお茶席も用意されており、お抹茶などいただけます。

旧岩崎邸庭園 お茶席 (湯島/喫茶店)
★★★☆☆3.23 ■予算(昼): ~¥999

スイスの山小屋風撞球室

洋館と同じくジョサイア・コンドルの設計。洋館の地下室と地下通路で繋がっているそうです。
内壁には明治期の金唐革紙が貼られています。残念ですが、外観のみの公開になっています。
旧岩崎邸の撞球室
旧岩崎邸の撞球室

旧岩崎庭園・入園情報

  • 所在地
  • 東京都台東区池之端1丁目
  • 開園時間
  • 午前9時~午後5時(入園は4時半まで)
  • 休園日
  • 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
  • ※イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。
  • ※文化財は後世に残すべき貴重な財産であり、これを守るために定期的な保存修理工事を要します。ご理解とご協力をお願いいたします。
  • ※旧岩崎邸庭園は、文化財保護法(第2条)により芸術上又は観賞上価値の高い庭園として、重要文化財に指定されており、将来の文化向上発展の基礎をなすものであるため、その保存が適切に行われるように、周到の注意をもって多くの方に静かに観賞していただいている施設ですので、ペット連れや酒気帯びでの入園はお断りしております。
  • 入園料
  • 一般400円/65歳以上200円
  • 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
  • 20名以上の団体
  • 一般320円/65歳以上160円
  • ※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
  • ※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
  • 年間パスポート
  • 一般1,600円/65歳以上800円
  • 9庭園共通年間パスポート
  • 一般4,000円/65歳以上2,000円

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です