西洋庭園と日本庭園が調和した「旧古河庭園」

スポンサーリンク



都立9庭園「旧古河庭園」


旧古河庭園
都立9庭園の1つに数えられる旧古河庭園は明治期に陸奥宗光の邸宅でしたが、次男が古河家の養子に入り、古河家の所有となりました。現在では国の名勝に指定され、春と秋には西洋庭園で薔薇が咲き誇る名所として知られています。

 武蔵野台地の南斜面という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には明るい洋風庭園、そして低地には池を中心にした日本庭園を配したのが、この庭園の特徴です。
 この庭園はもと明治の元勲、陸奥宗光の邸宅でしたが、宗光の次男が古河財閥の養子となり、古河家の所有となりました。その後三代目古河虎之助が現在の建物を建築しました。戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などをとり入れて、東京都が国から無償で借り受け、一般公開するようになりました。
 洋館と洋風庭園の設計者は、明治から大正にかけて日本に住んだ英国人ジョサイア・コンドル(1852~1920年)です。このほかにも、旧岩崎久彌邸(旧岩崎邸庭園)、鹿鳴館、ニコライ聖堂などの設計を手がけ、我が国建築界の発展に多大の貢献をしました。
 日本庭園は京都の著名な庭師、植治こと小川治兵衛の手によるもので、洋風庭園に勝るとも劣らない名園を造りあげています。
 旧古河庭園は、数少ない大正初期の庭園の原型をとどめる貴重な存在で、昭和57年8月4日に東京都文化財に指定され、平成18年1月に国の名勝に指定されました。

出典:東京都建設局

バラの名所として人気の西洋庭園

洋館南側の洋風庭園は、テラスが階段状に連なるイタリア式庭園と、平面的で幾何学的に構成されるフランス式庭園の技法があわせて用いられている。
バラのテラス庭園は、1段目の花壇は正しく左右対称形であるが2段目から中央の階段を挟んで左右に方形の植え込みとなっている花壇東側の方形北東部が斜面突出部によって欠けている。これはコンドルが敷地下部の日本庭園との調和をはかるため意図的にバラ園の対象形を崩したものと推測されている。
現在のバラ園には、プリンセスマサコ等の品種が植えられている。

出典:wikipedia
春と秋のバラのシーズンには多くの方が訪れます。
P1400887
香り、花形共に良く、薄紫の花色の「ブルーライト」を始め数々のバラがテラス式庭園に多数咲いています。
旧古河庭園のバラ

旧古河庭園のバラ
旧古河庭園のバラ
旧古河庭園のバラ
旧古河庭園のバラ
P1400876

スポンサーリンク



数少ない大正初期の庭園

京都の著名な庭師、小川治兵衛の手がけた日本庭園は西洋庭園のある斜面の下、低地にあります西洋庭園に劣らない人気があります。
心字池
心の字を象った「心字池」とその端にある「雪見灯篭」
雪見灯篭
「大滝」本郷大地と低地の斜面を利用し、実際の流れと落差最大10mの滝を作りました。前述小川氏がもっとも作庭で力を入れた部分です。
大滝
心字池のカモ

旧古河庭園の茶室

心字池の奥のお休み処の茶室では和菓子と抹茶をいただけます。
茶室

旧古河庭園・入園情報

  • 所在地
  • 東京都北区西ヶ原一丁目
  • 開園時間
  • 午前9時~午後5時(入園は4時半まで)
  • 休園日
  • 維持管理の都合上、例年12月~2月に3日ほど、午後のみ休園とさせていただきます。詳細はお知らせページでお伝えします。
    ・年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
  • ※イベント開催期間及びGWなどで休園日開園や時間延長が行われる場合もあります。
  • ※文化財は後世に残すべき貴重な財産であり、これを守るために定期的な保存修理工事を要します。ご理解とご協力をお願いいたします。
  • ※旧古河庭園は、文化財保護法(第2条)により芸術上又は観賞上価値の高い庭園として、国指定名勝に指定されており、将来の文化向上発展の基礎をなすものであるため、その保存が適切に行われるように、周到の注意をもって多くの方に静かに観賞していただいている施設ですので、ペット連れの入園はお断りしております。
  • 入園料
  • 一般150円/65歳以上70円
  • 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
  • 20名以上の団体
  • 一般120円/65歳以上50円
  • ※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
  • ※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
  • 年間パスポート
  • 一般600円/65歳以上280円
  • 9庭園共通年間パスポート
  • 一般4,000円/65歳以上2,000円

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です