紀州熊野三社より王子大神を迎えた「王子神社」

スポンサーリンク



東京十社「王子神社」


王子神社の本殿
東京十社の1つにも数えられ、紀州熊野三社より王子大神を迎えた王子神社。開運、厄払い、子育大願に御利益があります。

御祭神は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)の五柱で、総称して「王子大神」とお呼び申し上げます。紀州(和歌山県)熊野三社権現(本宮・那智・新宮)の御子神さまの呼称で、世界遺産にも登録された熊野古道には多くの王子神が祀られていたといわれます。
創建は詳らかではありませんが、源義家の奥州征伐の折、当社の社頭にて慰霊祈願を行い、甲冑を納めた故事も伝えられ、古くから聖地として崇められていたと思われます。その後、元亨2年(1322年)、領主豊島氏が紀州熊野三社より王子大神をお迎えして、改めて「若一王子宮」と奉斉し、熊野にならって景観を整えたといわれます。

出典:王子神社
とあります。

珍しい髪の祖神「関神社」

全国でも珍しい「髪の祖神」。御祭神は百人一首でも有名な蝉丸公で、姉「逆髪姫」のために髢・鬘を作ったという伝説により、髢、鬘や床山業界の方々の信仰厚い神社です。また蝉丸公は琵琶の名手でもあり「音曲諸芸道の祖神」としても崇敬されています。戦災で焼失したものを、髢、鬘、床山、舞踊、演劇などの関係業界の御尽力により、昭和34年に再建されました。境内には毛髪報恩のための毛塚も建立されています。

出典:王子神社
髪の祖神 関神社

スポンサーリンク



江戸時代から続く桜の名所

王子は江戸時代から桜の名所として名高い飛鳥山があり、また下町とは違う趣のある風情で観光名所としてしられていました。

王子は坂の町としても有名ですが、飛鳥山公園も山だけあって急勾配。お年寄りや子供には少々つらいかもしれません。桜を見るには頂上部に行かないといけないのですが、その際利用したいのがアスカルゴと呼ばれるモノレール
アスカルゴ
八代将軍、徳川吉宗が偏狭の地であった王子村飛鳥山に植樹したのが始まり。下町日本橋界隈からでも日帰りで観光が出来ると人気になりました。
飛鳥山の桜
出典:http://www.bell.jp/

参道までの遊歩道、音無親水公園

神社下には石神井川が流れていますが、この当たりでは音無川と呼ばれ愛されています。
音無親水公園
参道の石階段

パワースポットとしての王子神社

厄除け、開運が御利益の王子神社。また関神社は全国でも珍しい髪の神様。是非参拝して御利益を賜りたいですね。
王子神社表参道の鳥居
P1360526
王子神社の狛犬はとても勇ましくてお気に入りです。
狛犬

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です