日本武尊が東征時、須佐之男命を勧請したとされる「氷川神社」

スポンサーリンク



東京十社「氷川神社」


氷川神社本殿
出典:氷川神社
東京十社の1つにも数えられ、日本武尊が東征時、須佐之男命を勧請した氷川神社。縁結びのパワースポットしても有名です。

創立の起源は、古い書物によると、天暦5(村上天皇 951)年武州豊島郡人次ヶ原(俗称…古呂故ヶ岡・赤坂4丁目一ツ木台地)に祀られました。
これよりおよそ百年後の治暦2(後冷泉天皇 1066)年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈るとその霊験(しるし)があり、以来よく祭事が行われました。
江戸時代、幕府の尊信は篤く、八代将軍 徳川吉宗公が享保元(1716)年将軍職を継ぐに至り、同14(1729)年に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(豊島郡赤坂今井台)に現社殿を造営、翌15(1730)年4月26日に、一ツ木台地から現在地への遷宮が行われ、28日に将軍直々の御参拝がありました。
以後十四代家茂公まで歴代の朱印状(※港区文化財)を下附され、一層の御神徳を高め、開運・厄除・良縁の鎮守神として尊崇を深められました。

出典:氷川神社
とあります。

個性溢れる狛犬

氷川神社には個性豊かな7対の狛犬がさまざまな表情を見せてくれます。
氷川神社の狛犬。飛び掛りそうな逞しさ
氷川神社の狛犬。睨みをきかせ、神社を守ります
太い枝がめり込んでしまい、とても愛嬌を感じます。
氷川神社の狛犬。木の枝がめり込んでしまってます

スポンサーリンク



樹齢400年の大イチョウ

建立以前から根付いたと言われている大イチョウは赤坂氷川神社の御神木。
樹齢400年の御神木

四合(しあわせ)稲荷と西行稲荷神社

四合(しあわせ)稲荷

古呂故(ころこ)稲荷. 地頭(じぬし)稲荷. 本(もと)氷川稲荷. 玉川(たまがわ)稲荷の四社を明治31年遷座合祀し、幕末より赤坂在住の勝海舟により、『四合(しあわせ)稲荷』と称えられました。

西行稲荷神社

享保の時代、田町5丁目(現在の赤坂3丁目付近)に西行五兵衛というものがおり、榎坂を通行中に狐の形をした三寸程の稲荷のご神体らしい像を拾い、勧請したため、「西行稲荷」としました。
出典:氷川神社
西行稲荷神社

パワースポットとしての氷川神社

赤坂氷川神社は東京三大縁結び神社に数えられる、恋愛成就のパワースポットという側面もあります。
境内には見所も多く、上記の御神木や稲荷等の他にも太鼓橋や包丁塚等もあり、参拝する時には是非見て周り御利益を頂きたいスポットです。
太鼓橋
上からも太鼓橋を望めます
包丁塚
御祭神である須佐之男命と奇稲田姫命は八岐大蛇伝説で有名な古事記の一説の中で紡がれている恋物語にあやかり神前式を行うと幸せな結婚生活をおくれると言われています。
赤坂氷川神社の神前式

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です