猿は縁。安産、縁結びの御利益ある神猿像の山王様「日枝神社」

スポンサーリンク



東京十社「日枝神社」

表参道からの神門
東京十社の1つにも数えられ、神猿様で有名な日枝神社

当社は武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が山王宮を祀り、さらに文明10年(1478)太田道灌公が江戸の地を相して築城するにあたり、鎮護の神として川越山王社を勧請し、神威赫赫として江戸の町の繁栄の礎を築きました。
やがて天正18年(1590)徳川家康公が江戸に移封され、江戸城を居城とするに至って「城内鎮守の社」「徳川歴朝の産神」として、又江戸市民からは「江戸郷の総氏神」「江戸の産神」として崇敬されました。
二代秀忠の時の江戸城大改造の際、城内紅葉山より新たに社地を江戸城外に定め、社殿を新築して遷祀されました。

出典:日枝神社
とあります。

神猿像

日枝神社では狛犬やキツネではなく「神猿(まさる)」と呼ばれる猿が使いとしております。
日枝神社の御利益と言えば、安産や縁結び、夫婦円満などで知られていますが、神猿像は夫婦でおり、なでると御利益があると言われています。
神猿像-夫猿-
神猿像-子供を抱いた妻猿-

神門の神猿像
神門の神猿像

山王鳥居

神仏習合の山王信仰の象徴とも言える山王鳥居です。

山王鳥居の特徴は明神鳥居の上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしていて、仏教の胎臓界・金剛界と神道の合一を表しているとされます。山王信仰の象徴であるため、山王鳥居と呼ばれています。 山王信仰とは、最澄が比叡山に天台宗を開いた折、唐の天台山の守護神「山王元弼真君(さんのうげんひつしんくん)」にちなみ、既に比叡山の守護神としてご鎮座されていた日吉大神を「山王権現」と称する、神仏習合の信仰です。 独特の鳥居である事から、分霊社の中にはこの鳥居を模して建立する例も少なくありません。

出典:日吉大社
表参道、男坂の山王鳥居
山王橋の山王鳥居

スポンサーリンク



日枝神社の藤棚

日枝神社は時期を併せて参拝すると見事な藤棚が鮮やかに彩を加えてくれます。境内の朱に藤色がとても綺麗です。
日枝神社の藤棚
日枝神社はご朱印帳も神猿デザインでとてもキュートで人気が高いです。
P1360481

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です